周りの協力が必要だからこそ

規模が大きい会社には女性に対して出産・育児休暇があり、出産後に職場復帰しやすい環境と思われがちです。しかしいざ復職してみると、慣れ親しんだはずの職場なのにあまり歓迎されていないと不安を感じる人が多くいます。その理由としては、周囲の人が復職した人に対してきちんと仕事をしてくれるのか半信半疑という事が挙げられます。復職するという事は仕事と家庭を両立させることになるため、子供が熱を出したり怪我をしたりして早退や欠勤等が起こってしまいます。しかし、周りの人が皆自分の家庭を応援してくれているからそれが許される、という甘えた気持ちは間違いです。早退、欠勤する事で周囲の人に負担が掛かりますが、その許容範囲は会社によってすごく狭い場合があります。そういった職場の場合、家庭との両立が難しくなって、せっかく職場復帰しても退職してしまう人は後を絶ちません。現に、育児休暇後の復帰率が約80%なのに対して、その後働き続ける人は約30%とのデータもあります。

では、家庭と仕事の両立は絶対に無理かと言うとそうではなく、自分の環境にあった職場を探して復帰出来た人は長く働き続けられます。例えば女性向きの商品を扱う会社では積極的に出産後の職場復帰を受け入れ、先輩ママがサポートしてくれる所があります。他にもそういった会社は増えていて、定期的に求人もあります。仕事を選ぶ際は、企業のPRの文章で家庭との両立が可能か判断するのではなく、実際に会社に行ってみて女性が楽しそうに働いている職場を選ぶべきです。

  • Recent Posts